乳液・クリーム・ジェル

べたついたり、ニキビが増えるのではと間違った先入観から、乳液やクリームをおざなりにする人がいます。

化粧水だけつけていると肌中の水分まで蒸発してしまい、以前より乾燥した状態「過乾燥」に。

「化粧水で水分」と「乳液やクリームで油分」を与えることで、皮脂膜の代わりがつくられ、バリア機能が高まり、美しい肌が育っていくのです。




乳液の特徴
乳液は、肌を柔らかくする働きを持ち、クリームよりも水分の割合が多く、ベタつくのが苦手な人、皮脂の分泌が多い人やテカリが気になる人に向いています。

クリームの特徴
クリームは、乳液より油分が多く配合されているので、美容成分が乳液より濃く、潤いが長時間保てます。乾燥が気になる方に向いています。
7